その3 インストール

その2の続きです。

いよいよWHS2011をインストールです。

160GB以上のディスクが必須になっておりますので、このままでは80GのSSDにインストールができません。

調べた結果、

  • Windows7機
  • インストールDVD
  • 8GB以上のUSBメモリ

があれば、インストールできそうです。

cfg.iniを作って、無人インストールにするという。

手順は、

  1. インストールDVDをISO形式で抽出
  2. USBメモリにWindows 7 USB/DVD Download Toolで抽出したファイルを書き込み
  3. cfg.iniを作ってUSBメモリに書き込み
  4. USBメモリからブート

無事インストール完了!

続きは、その4へ

 

その2 ハードウエアについて

その1の続きです。

今回はWHS2011で使うハードウエアについて。

  1. 起動OS用にSSD。
  2. PROMISE SuperTrak EX8350でRAID5・6を構築しデータ領域に。
  3. 静かで省電力だとありがたい。

こんな感じを目標に進めたいと思います。

手持ちのパーツは、

  • HDD:WD20EARS
  • SSD:Intel SSDSA2M080G2GC
  • RAIDカード:PROMISE SuperTrak EX8350
  • メモリ:CFD DDR3 4G×2枚
  • CPU:Core i3-2100T
  • CPUクーラー:Scythe Shuriken(手裏剣)リビジョンB
  • 電源:KEIAN JAGUAR-MAX KTOP-700A-S

足りないのは、ケース・マザー。

購入したのは、

  • マザー:ASUS P8H61-M LE
  • ケース:LIAN LI PC-A04

マザーはSandy BridgeでDVI付き最安のやつで。SATA3.0は4つ。SSDが3.0なので、6.0は必要ないかと。

ケースは、とにかくHDDが8台入らないとだめです。3.5インチ7台+2.5インチ1台いけるので、5インチベイに3.5インチマウンタでOKということで。

その1 ホームサーバを作りたい

ホームサーバを作りたいと思い、今更ながらWindows Home Server 2011を購入しました。

今回は、

  1. NASや外部ストレージに貯まっているファイルをまとめたい。
  2. 家族のPCのバックアップやファイル共有を簡単にできるようにしたい。
  3. 2TBのディスクが8台あるので、大容量のストレージを作りたい。
  4. PROMISE SuperTrak EX8350 を手に入れたので、RAID5・6で運用したい。
  5. ただWindows Home Server 2011(以下WHS2011)をいじりたい。

という感じです。

続きは、その2へ