その2 ハードウエアについて

その1の続きです。

今回はWHS2011で使うハードウエアについて。

  1. 起動OS用にSSD。
  2. PROMISE SuperTrak EX8350でRAID5・6を構築しデータ領域に。
  3. 静かで省電力だとありがたい。

こんな感じを目標に進めたいと思います。

手持ちのパーツは、

  • HDD:WD20EARS
  • SSD:Intel SSDSA2M080G2GC
  • RAIDカード:PROMISE SuperTrak EX8350
  • メモリ:CFD DDR3 4G×2枚
  • CPU:Core i3-2100T
  • CPUクーラー:Scythe Shuriken(手裏剣)リビジョンB
  • 電源:KEIAN JAGUAR-MAX KTOP-700A-S

足りないのは、ケース・マザー。

購入したのは、

  • マザー:ASUS P8H61-M LE
  • ケース:LIAN LI PC-A04

マザーはSandy BridgeでDVI付き最安のやつで。SATA3.0は4つ。SSDが3.0なので、6.0は必要ないかと。

ケースは、とにかくHDDが8台入らないとだめです。3.5インチ7台+2.5インチ1台いけるので、5インチベイに3.5インチマウンタでOKということで。

その2 ハードウエアについて” への2件のコメント

  1. ピンバック: その1 ホームサーバを作りたい | FDim

  2. ピンバック: その3 インストール | FDim

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>